プロフィール

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

Sota@SPカブ&チャリ

Author:Sota@SPカブ&チャリ
東京電機大学理工学部建築・都市環境学系3年
東京出身、野球歴11年、書道準5段
趣味バイク・アウトドア
8月から気ままにスーパーカブで日本一周
きっかけは留年…
マイナスをプラスへ!
遊ぶだけ遊んだ大学の夏…
今年はなんかやろうと思った結果がこれです!
目的はないですが、その場所に目的はあります。
適当に日本を巡ります。
8月14日出発
8月30日一時中断9月15日再開
9月27日カブ君故障のため廃車
    自転車に乗換

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50話 豪華な夜(10/29 宮崎)

海水浴場で起床。
今年は海入らなかったなぁ。
なんて黄昏まして…


桜島の頂から御来光です。

さぁ、今日は宮崎へ行きます。


まずは海沿い走っていきますが、
ちょっと内側入ったら山、山、山…

ふんっ。今日はどの山が俺の相手だ?


396m
屁のつっぱりにもなりません。
坂慣れしました。
下りが楽しみです。

下りはというと、アップダウンなだらかダウンの気持ち悪い下りでした。



宮崎イン!






大自然ですねぇ。


宮崎は日向夏が有名で、飲みます。
まぁまぁです。


宮崎県庁へ!
始めてしっかり県庁を撮りました。
警備員さんが優しい人で、とってくださいました。
中も見学。

面白いもんではなかったので割愛。

僕はどこでしょう?

正解は…

ここでした。

しょうもないわ。

今日は大阪で出会った大亮さんの親戚が、宮崎にいるという事で
連絡をして頂きまして、
本当は直接親戚の方にお会いしたかったのですが、場所が遠いのでお会いできず…

親戚の方に小料理屋みずきさんを紹介して頂き、ご馳走になります。

大阪で前触れなく出会って、宮崎で親戚にもお世話になるって、何でそこまでして頂けるのか。って思いますよ。

最上級に人情深い人達に出会ったという事です。
こういう形で、また新たな人と関われるのは、本当に言葉で表せない程すごい事です。

僕は幸せです。


ローストビーフ!


宮崎名物、チキン南蛮!


アボカドコロッケ!

もうどれも最高でした。
今画像を見てて、体が反応するくらい美味しかったです。

隣に座ってたおじちゃんとたくさん話して、僕は高級な営業に向いてると言われました。

皆さん優しい方々で、宮崎の人は呑気らしいですが、その呑気さが僕を癒してくれました。


左に写っているのは、お客さんの松浦さん!
お店に入ればみんな友達!
1番楽しそうに写真に写ってくれました!
みずきさん、本当に美味しかったです。
また来ます!


そして紹介してくださった、ぼうのさん!
見ず知らずの僕にこういう形でご馳走して頂き、ありがとうございました!
また必ず宮崎に来ます。
その時にお会いしたいです。

全ての始まりは大阪で大亮さんに話しかけてもらった事。

今日は旅で1番豪華な夕飯と、経験と、感謝をしました。
全ての繋がり、出会いに。
スポンサーサイト

第48話 途方に暮れる…(10/27 鹿児島)

8時起床。
ベット最高でした。


西村さんのチャリ。
ママチャリにドロップハンドル。
尖ったサドル。
荷台。
時代が詰まったチャリでした。

飯食いに行きます。

鹿児島ラーメン、11時まで500円の店。
我流何とか。
東京立川のラーメンスクェアに入っているという事です。
ご当地ご当地ー♬
って食べてたわけですが、東京の何でも手に入る愚かさに絶句。


西村さんとお別れ。
西村さんは沖縄へ。
チャリダーにとって、大事な大事なサドルのジェルマット貰いました。
もうあんま乗らないからって。
ありがとうございますm(__)m

この日は鹿児島に留まって、今後をどうするか考え、公園で野宿。
途方に暮れ、桜島を眺め
気付けば火山灰がチャリに積もります。

鹿児島市の港町、ドルフィンポートという綺麗な飲食店が立ち並ぶ施設があり、目の前に桜島が見える公園。

カップル達は忙しそうにしています。

でも僕は負けずにテント張って寝ますよ。
君たちなんかに負けない、
男1人、テントの熱い夜を過ごすのであります。

第47話 明日からどうすっかなぁ。(10/26 鹿児島)

朝6時起床。
眠い。
毎度ですがね。


昨日出会った椎橋さんとはここでお別れ。
まぁ出会いと別れは、光と影の様な関係ですから。
それだから良いんですけどね。


道の駅にあったポスター。
自転車は肩身が狭いですなぁ。

どこを走ればいいこいいこしてもらえるんでしょうか。

君の心に続く、長い一本道は
いつも僕を勇気付けた。
エンディングに聞きたいですな。


キャップを開ける時のドキドキを
今でも忘れない。
給食の時のキャップに怯えていたあの夏を僕は忘れない。

暑い暑い少年時代の夏。
僕は牛乳のキャップを思いっきり開けた。
いつもと変わらない。
指で押して。
もう気付いた時には牛乳に溺れていました。

先生、加藤くんが牛乳まみれです。

おい、言わんでいい。
クラス中の笑い者だろが。

先生に言ったとこで解決する話チャウヤロガ。

僕はそいつのぎゅうっと胸ぐらを掴んでやったよ。
牛だけにぎゅうっとね。


木彫りの僕たちを買ってください。


鹿児島イン!
つるの渡来地です。


すげぇでかいゴリラが本当にいると思いました。
野生のゴリラなんているの?ってなりながら、どうやって通り抜けようかなって考えちゃいました。


鹿児島は暖かい。

さぁ、今日は8時から走って17時に鹿児島市につきました。
140キロ。
ヘトヘトです。

鹿児島市内栄えてるしネットカフェに向かいます。

バックパック背負ってる人がいて、
あー屋久島とか桜島に登山するには経由地だしなぁ。
って通り過ぎました。

どっから来たんですか?

僕、もしかして悟られる…
思った事が半径100m以内の人に知られてる…
そう思ったんですが、その人は大阪から紆余曲折しながら鹿児島へママチャリで来た人でした。

ゲストハウスが近くにあると言う事で
、ついて行きます。

定員を心配しましたが、大丈夫でした。
手続きは出会った西村さんが、代表者ということになりチェックイン!


グリーンゲストハウス。
初ゲストハウスです。

イメージでは、国籍問わずワイワイ酒飲んでる感じ。

でも皆寝てる。
とりあえず西村さんと買い出しして、
キッチンで料理!
まぁ焼くだけですが。




ホルモン、牛肉とニンニクの芽、しいらのバジル味付け。

わっぜえか上手い。
めちゃくちゃって意味です。


屋上でミュージシャンがライブ。
奄美大島の人らで、このグリーンゲストハウスには1ヶ月いるんだとか。
何か見えた気がしました。

偶然西村さんに話しかけてもらって、来たゲストハウスでこんな人達に出会えて最高です。

てな感じで就寝するわけです。
久々のベット。
このベットが後に僕を苦しめる結果になるんですが…

第46話 サドル、ドルフィン、フィンガー(10/25 熊本)

ネットカフェで起床。
昨日はこのネットカフェ特典で、隣の温泉に300円で入って、つぼ風呂がめーちゃくちゃ気持ちよくて、
まぁ関係ないですが、ネットカフェってどうしても寝付けない。
寝坊しますよね。

今日は熊本へ!


雲仙グリーンロード
緑の中をゆったり走る道をイメージしてスタート!


海と畑と山。
確かに緑は多い。


細かいアップが半端じゃない。
パッと下って、パッと登る。
いっきに上がって下る峠のようには喜べない坂道。

気付いてしまいました。
サドル低くないか?と…

5cm上げて、いざ!

今までの坂は何だったの。
こんなに苦労して登った坂…
サドルを上げただけで全然楽じゃないの奥様。


有明温泉美人の湯

行ってないからわかりませんが、

美人がたくさんいる湯なのか
入ると美人になれるか

ここが重要です。


はい雲仙岳。
煙が少しでてました。


島原港到着!
ここからフェリーで熊本へ入ります。
フェリーに乗ってる間も、頭の中では自転車こいでます。


さよなら長崎!
船から見る雲仙岳が1番でした!




昨日頂いたホタルイカを頂きます。
ホタルイカ…ホタイルカ。

窓の外を見ると海が見え、
何かでかい艶やかな灰色のもんがいるんですよ。
イルカです。
いやー興奮しました。
多分俺だけです見たの!

にやにやしながら、売店のお姉さんに
ここイルカいるんですね!って言ったら、

あーイルカとほとんど一緒なんですけど、イルカじゃないくて…

もうこの先の話は覚えてません。




熊本上陸!

3時間で64キロ走ってやりましたよ!

トンネルだって綺麗な感じがするでしょう。

今日は道の駅 たのうら。
24h休憩所が開いてるから、チャリダーいると期待しましたがいない…

少ししてチャリダー登場!
日本縦断中の椎橋さんです。

もうゴール間近!

たわいも無い会話、横のおっちゃんも交えて楽しめました。
おっちゃんがたくさん食べ物くれました。

久々にチャリダーに会って元気でました。

第45話 決断…長い先(10/24 長崎)

昨夜は21時前に寝たため、
朝は4時に目覚めました。

朝はパスタ作ってコーヒー沸かして
優雅でした。

佐賀、最後のチャンス!
チャイナオンザパーク!

マピオン地図に載ってただけに期待しましたが、佐賀は本当に何もないと思います。


はい、長崎県!
佐世保バーガー、食べそびれる。

長崎は九十九島、これは見ないと。
日本一の島密度だと言われている。定かではないみたいです。

とりあえず向かいます。

すると、最近ヒッチハイクで日本一周してる人を乗せた古賀さん登場!

九十九島を見るなら、石岳が1番ポピュラーだと教えてもらいます。

峰なんで登りです。
きつい。
やっと結構上がったと思ったら、下る。海抜まで下る。

あれ?
展海峰まで3キロ…?
どっかで間違えましたね。

ここまで来たら行きます。
何か悔しい。




もう一生来ないかもしれない。
来てよかった。

正確には大小208の島。


ヤギとコスモス


間の道を走り回って、
あはははー捕まえてごらん
待ってー
なんてね。
何これ。


海産物ブースのおっちゃんが、頑張ってなとホタルイカの干したやつくれました!
保存食だから嬉しいです。


ハウステンボスにつきました。
中には高すぎて入れません。
5千なんぼて。


トータルテンボス関係あんのか。
スキマスイッチでも雰囲気同じ。


大村湾!
湖のような海。




上がタコサンドという名の平らなたこ焼き。
下が茶ちゃ焼、豆とか抹茶とか。

んで、こっから目的地まで
ずっと今後のルートを考えてました。

九州は周るとして、沖縄は断念。
ネックは長野、群馬、山梨。
ここに到達する頃には11月後半なんで、激寒。
装備が足りない。

カブから自転車になった事で色々狂った事に今さら気付きました。

とりあえず、その近辺行ったら考えましょうか。

何にしろここら辺は自己満足の域なので、日本一周なんか定義もないし。

当初の47都道府県制覇を崩すのか?
って言われますが、そもそもカブから自転車に崩してますから、もはやこだわりはありません。

いい意味で柔軟。

何か考え事してると走ってて苦じゃない。
独り言をぶつぶつ言ってます。


南国の雰囲気漂ってます。
でも暖かくはありません。


向こうは長崎空港。
夕日見てると
旅が萎れてきてる感じがします。

第44話 佐賀を探そう!(10/23 佐賀)

九州は15日くらいで周る予定で、今日が3日目。
そろそろ気温が厳しい季節へ。
日陰だとさぶいぼ出ます。


朝から立派な建物。
ブライダルな感じでした。
この建物に歴史とかはありません。


博多から佐賀に入るには、国道3号を通って30キロくらいです。
県境はどこも田舎です。

あれよあれよと佐賀市内に近づきますが、なかなか栄えてこない。

佐賀(県庁)まで5kmの標識があるところも田んぼだらけ。

結局県庁付近も栄えてなかったどす。


これが佐賀県庁。
周りに庭園があります。くらいしかありません。


まぁ綺麗なんですがね。

とにかく何にもない。

佐賀駅でもこんな。
東京の国分寺よりも全然栄えてない感じは無理もありません。
博多まで50キロくらいしかありませんから。

道中にアクエリアスを貰いました!
四国に行ってたらしく、四国にも同じ様にチャリダーがいたとの事!

そろそろチャリダーに会いたい。
1人野宿は寂しいもんです。


夕方は12℃。
もう寒すぎです。
防寒対策ありません。

佐賀はさくっと終わりそうです。
まぁ道中話したお兄さんに、佐賀ほど何もない場所はないと言われてましたから。

目的地周辺で出会ったおじさんが昔自転車で旅をしていたと話しかけてくれて、温かいカフェオレをご馳走になりました!

長野が好きで、自転車で埼玉から行っていたと言います。
すごい。あの山々を。




一工夫で、簡単な自炊だってご当地もんが食べれるのは最高。


完成!
普通に400円で売れます。
味は美味しい。
けど、ラーメン詳しくないし、九州のラーメンはここが!とか言えないのが残念。

唯一言えるのが、細麺って事。


佐賀はここです。
福岡は博多、長崎はハウステンボスや九十九島や対馬、熊本はご当地キャラのくまもん。

佐賀は?
んー、平地。
星は綺麗でしたが、もっと綺麗なとこ見たし…

探したらきっとあるはずです。

第43話 見学は無料ですよ!(10/22 福岡)

おはようごさいます。

辛くて、暑かったり、寒かったり、臭くなる事なーんだ?

自転車で日本一周です!

そんな道中のぼやきはすっとばして、昨日泊まった小倉から福岡は天神、博多へ!


スペースワールド
テーマパークです。
福岡で遊ぶならこれ!っと言ったところでしょう。
正直クオリティは低めです。

のんびり過ぎて、博多に着いたのは17時。
ぷらぷらします。


なんか仏像があると、撮りたくなりますよね。
でもよくない気もします。
いつかネットで叩かれそう。
仏像だけに。


これは福岡県庁に隣接する東公園の仏像。
県庁を監視するかの様に、真っ直ぐ県庁を見ています。


博多の街。
大阪の難波に似たような感じ。


屋根無くなってしまってる…
いや普通に興奮しました。

さぁ博多は夜へ。


昼とは全く違う、アダルトな雰囲気が出てくる博多。
僕は21歳になっても、この雰囲気にはついていけません。
香水モンモンの人とすれ違う度、
鼻血出してました。


1人で博多を歩くと、なんだか期待します。
博多美人ってよく言いますが、
顔が濃いんです。
良くも悪くも…
沖縄も濃いですが、九州も濃い。
僕も濃い。

濃ーいしちゃったんだ、多分
気付いてなーいでしょー
で、お馴染みのYUIの出身地だそうです。

中国人、韓国人たくさんいましたが、顔でわかります。
ちなみに韓国人は皆流行りのアイドル系のファッション。


ここを通り過ぎようとした瞬間、噴水し始めました。
噴水が始まったから、写真撮りに戻ったって思われたくなかったんで
あっやっぱりね。って小声で言ってやりましたよ。

夕飯どうしようか悩み、とりあえず自転車は天神に置いてあったので、博多駅から歩いて戻りました。

その途中、
中洲の路地に入ったとたんに
「お兄さんお探しでしたら!」

はい、ソープ街です。

絶対に入りませんよ。と断っても
見学は無料とか言って、女の子の写真をタロットカードの様に並べる並べる。
中には死神もいるわけです。

50分1万円でどうすか?

出せるかボケ!
いや、僕は硬派です。
遊びで来てるわけではない。

じゃなくて飯…
博多ラーメンは天神のシンシンがオススメと歩夢さんに教えてもらい、結構な雨の中行く。
満席…
何か腹に入れないと。し、死ぬ…

何でも無いうどん屋さんに。
情けない。

そしてネットカフェ入って落ち着くわけです。
九州をどう周るか、じっくり考えて就寝です。

第42話 4st九州(10/21 福岡)

最悪の目覚めです
車中泊。

車返して、温泉に入ろうと。
でもこの辺の温泉はどこもかしこも15時から…

唯一11時からの旅館の温泉を見つけて、入りさっぱりする。

野郎2人でちんけな旅館の温泉、
バックパック。
ぇえ、白い目で見られます。

風呂あがってから脱衣所で気付く。
「天然温泉ではありません。」の注意書きに。

じゃあ何温泉だよ?
水道水温泉ってな。


今日でお別れ。

ほりぴーは東京へ帰ります。
そして旅を終えるのです。

東京に近づくにつれて、もっと旅を続けたかったと思うでしょう。

さいなら!
また東京でな!

めちゃくちゃ喋るほりぴーは、旅中何度となく僕をイライラさせましたが、
背は腹に何とか。

旅仲間と別れるのは寂しいもんです。



関門人道トンネルを20円の通行料払って通ります。
歩行者は無料です。
うまい棒2本。


今山口!いや福岡!
やっぱり山…


九州上陸!
九州はでかいですよ。


さっそくレトロ会館。


今日は日曜日。
レトロイベントやってました。


クラシックカーがたくさん!
僕の大好きなラ・セードはなかったです。




今日は北九州市小倉で終了!
なんか小倉でB級グルメ祭があったらしいですが、行けず。
昨日、土曜日は20万人来たんだとか。


一杯400円で2玉分のうどんに、地鶏とゴボウ天。


お休みなさい。

第41話 これもよし…(10/20 下関-島根-鳥取)

朝7時起床

さぁ今日は究極奥義いきますよ。

2人揃えばやる事はこれです。


レンタカー借りて行けるとこまで行く。
リミットは24時間です。

9時に借りて、鳥取方面へ!
国道191号を走ります。
鳥取境港まで400キロです。


イカ漁船


南国とも思わせる綺麗な海。

日本一周チャリダー歩夢さんに
おすすめされた角島到着!

山口県は何もない場所だと思ってました。




テンション上がります。
まだ序盤ですからね。

本当の辛さは後半です。



赤瓦が何ともヨーロッパの様な街並みを演出しています。

道の駅にて

サザンつぼ焼き6個400円
初サザンさん。
めちゃくちゃ上手い。


漬け丼 うどんセット 900円
海産物最高です。
海ありがとう。



島根県出雲大社に到着


セルフタイマーって、絶対転ぶなよって言われてる気がして。

もう夕方。
鳥取まで80キロ。
ここまですでに6時間は走ってます。


鳥取イン!
ぶれぶれですが、あの標識が鳥取県境港です。


水木しげるロードがあります。
ゲゲゲの鬼太郎の発祥地!


妖怪パラダイス


鬼太郎まぐろラーメン 850円
最高です。
石ちゃんとかベッキーとか来てて、テレビで取り上げられた店。

行きがあれば
帰りもある。

時刻は20時。
ここまで8時間。

帰りは道を変えて、一気に帰ります。
330キロ…

下道縛りはもちろんなので、単純に見積もって7時間。

本当は温泉に入るつもりでしたが、入ったら最後。
帰れない気がして断念。

帰りはぐったりでした。

さらには3時に下関着いてからの車中泊が最悪でした。

結局メーターで750キロ、15時間近く走りました。

でも複数旅は楽しい。
東京帰ったら、ちょくちょくやるでしょう。

邪道ではありますが、島根・鳥取はクリアになります。

資金、時期を考慮したら無難なんです。
お許しを!

第40話 あの日あの時あの場所で(10/19 山口)

旅は出発から67日目
実質41日目

待ちに待った日です。

出発してすぐ、自動車専用バイパスになった国道2号。
旧道に迂回。

トンネルが狭い。
走りづらい。
なんかぶれるなぁ。
って思ってたら


先生、後輪がパンクしてます!

先生は犯人探しはしたくない、
正直にやった人は言いなさい。

私だ。

またパンクさせられたな。

そうかお前だったのか。
全く気付かなかったぞ。

まぁ茶番しないと精神持たないんです。

さくっと直します。


セブンで711円
少し嬉しくて。


そしたらおばちゃんがチョコレートを!
これ有名なやつですよね!


環境を考えたセブン。


このトンネルを抜けると、屋台とか湯屋があって、神様が集まる場所にならないかなと期待。


あー田んぼかぁ。
何か良い匂いがする。
あっちだ!
この写真の遠くに見える白い工場は日清であった。
この距離で匂うとは…
近所の人は迷惑だろうなぁ。


地元、小平でもお馴染みのブリジストン。
でかい工場は市を潤しまっせぇ!

下関に着きました。
九州への入口です。


素晴らしい。
さすがは外交の入口。


この大砲はこの盾を撃ち抜いたんだぜ!っていう。


平 知盛
イカリを持ち上げる怪力。


源 義経
波に乗り相手を撹乱


壇之浦PAに侵入
関門橋!


寒いよね。
俺も混ざりたいよ。
可愛いね。

切なくなります。


ライトアップ!


これが地下道で福岡へ行く道!

3時間待ちましたよ。
彼は来ました。


ヒッチハイクで日本一周中のほりぴー

彼とは高校が一緒で、夢を語り合う仲であります。


つまみと酒買って、いざ!


初パスタ。
ガーリックなんちゃらソースかけたら、超舌美味でした。

何を話したか覚えてません。
ただ、浅ーい話で
どうでもいい話。

ひとつ名言が生まれました。

進んだ距離より
出会った数

就寝…
しかしお互い足が臭い。

第39話 デジタルカメラを、無くしました。(10/18 山口)

2012年10月18日15時頃
山口県岩国市の山賊村でデジタルカメラを使ったのを最後に、デジタルカメラの行方がわからなくなっている。

ミシュランタイヤのキャラクター、ビバンダム君のケースに、青のOLYMPUSのデジカメです。

山賊村で落としたのではないか、事件性も視野にいれて捜査を続けている。

国道2号、山賊村から徳山駅までに落ちていましたら、どうかブログへの連絡、または警察へお願いします。

本当に焦ってます。

今までの旅記録が詰まってます。

どうか帰ってきてください。
僕が悪いのですが…
もう半泣きです。

それを引きづりながらブログ行きましょう。


平和公園に行きました。
絶対に繰り返してはいけない。

今まさに苦しんでいる福島県の人々がいます。

アメリカに原爆を落とされ、今尚何世にも被曝による被害が出ています。

なぜ日本は原子力を使い続けるかではなく、なぜ原子力を使い始めたか。

それはアメリカがそうさせた様なところもあるようです。


若い人がこの惨劇を繰り返さないように、まずは知る事が大事です。

20万人の犠牲者を出し、半径2キロの街が廃墟と化した。

言葉、出ません。


誰が平和を維持するか。
僕らです。
何が出来るかは人それぞれ。
気張らなくていいんです。
出来る事をすれば。



ボートレース宮島
正直見たかったです。
賭けたかったです。


さぁ宮島へ!
日本三景です。


人だらけでした。
宮島はデジカメでたくさん…たくさん撮りました。
もう戻って来ない気がします。
どこかで落ちたかもしれないし…
はぁ


厳島神社の鳥居とカブ
じゃなくてチャリ。

カブが廃車になった事もぶり返します。


鹿も寂しい顔ですね。


元祖もみじまんじゅう
美味しかった思い出も枯れています。


この時も楽しくて。
今じゃ綺麗なねーさん達がイライラします。


写真撮ろうとしたら、こっち向きました。


山口県突入


山中に突如現れた
岩国市の山賊村。
ここからデジカメは見てません。

山賊村は山口、広島では知らない人はいないくらい有名な食事処だそうです。




すごい不思議な雰囲気でした。
これ書いてるうちに楽になってきました!
もうデジカメ戻って来なくても仕方ない!

第38話 旅のアバンチュール(10/17 広島)

8時、雨はまだ降ってないし
まだまだ降りそうにない…

そして出発。
とりあえず60km走って呉市ってとこを目指します。

今までにないようなハイペースで走って1時間で22km進み、道の駅 たけはら到着。

みるみるうちに雲が増え、コップをひっくり返して机から滴るくらいの雨に。
もうテッシュどこ?くらいの。

はぁ…今日は三原にいれば良かったなんて思いつつ待機。


生憎の雨に、
生憎の道の駅月一の定休日。
暇でしかたありません。


そこに1200ccの装備たくさんのバイク登場!
でけぇー。乗ってるお兄さんもガタイ良くて身長も2mくらいありました。

自転車ちいせぇー。

日本縦断した様で、一日で1500km走った日もあったと。
しかも縦断ってのがほぼ往復で一週間ちょいだそうです。


有吉先生のこの顔
暇なんです。
ネタがありません。


鳥取はすごい雪降るんでっせ。
広島も内陸の山間部は3m積もる事もあるんでっせ。

約6時間待機して15時30分、雨足が弱まったので出発。
まだ呉市までは43kmあります。

出発してすぐにまた雨足が強くなり、雨宿り。
呉市着くまでに日が沈む事が確定しました。

強行突破です。

雨に当たり過ぎて、坂も結構あって、トンネルもあって、日が沈み…

精神崩壊寸前。
車の通りが激しく、路肩は狭く
多分史上最悪の道でした。

そしてここぞとばかりに
鬼の加藤が出てしまいました。

こいつが出てくると今までの限界は10倍くらい突破します。
でも口が悪い悪い。

独り言で俺を止める奴は何であろうと
ぶっ◯殺すとか言って。

信号をも敵です。
もし三原から呉市のR185で壊れてる信号機があれば、僕の仕業です。


やっとこさ呉市に着き、ここから広島市へは船で向かいます。
ヒッチハイクで日本一周してる堀口と山口県で会うためには、今日中に広島市には行かなければ、とか言ってショートカット!
船から街の明かり。


広島市上陸

また雨が強まります。
鬼の加藤は確かに狂った様に雨が弱えーんじゃねぇの?もっと降れよ!とか言ってましたが、もう勘弁。

今日の走行距離は60kmと大した事はありませんが、長い長い距離でした。

大袈裟ですが、精神と時の部屋にいたようです。

寒さ、辛さ、危険…
これを身をもって感じる事が大事。
車にいたら感じない事をたくさん感じます。
少しは成長したかな。

もうこれ以上辛い事はないって思います。


やっと夕飯!
ただ一風堂っていうね。

明日は宮島で厳島神社を体に染み込ませる様に感じて来ます。

第37話 最高の朝陽(10/16 広島)


AM6:30起床


毎日ありがとうございます。

さぁ今日はゆーっくり出ます。

あのかーぜーをー
鳴らすのはーあなーたー
人はーみ…


優雅にカフェオレ。
相当美味いです。


海上保安庁のヘリが墜落してました。


多々羅大橋の鉄柱にある鳴き竜




今日は昨日お会いしたキャンピングカーのご夫婦、宮地さん今日会う約束をしていました!


色々話しました。
キャンピングカーの人って旅に役立つ情報を持ち過ぎです。
色んな情報もらって、昼ご飯も頂いて…
山陰を通る時にまた連絡します!

とにかく興味、疑問を持つこと。


最後のしまなみ海道の橋
今までは車道の横だったのが、車道の下を通るゴツい橋に。
後付けの様な…

しまなみ海道は高速道路としては普通の3倍料金が高く、島民からしてみれば最悪だそうです。


料金所にしまなみサイクリングクーポン50円区間券ではなく、しまなみサイクリング施設等優待券割引クーポンを入れたのは私です。


本州へは渡船で!
距離何十メートルです。


四国はまだセブンが無いので、久々に見て思わず取りました。

三原駅周辺まで来て今日は移動は短いですがしゅーりょー。

明日は雨です…
広島市までは行きたいですな。

第36話 最高の夕陽(10/15 愛媛)

大洲のネットカフェで起床。
しっかり寝れた気がします。

疲れは取れないもんです。
朝は寒いからゆーくり走って行きます。

今日は大洲から松山までは写真が一切ございません。


愛媛県庁!
県庁周りをうろうろして写真撮ってたら後輪がぺしゃん…

後輪はこれで穴が4個目。
チューブ替えるためにはレンチが必要ですが、そのサイズを持ってないので、自転車屋を探すもなかなかない。

そしたらこんな店を発見!

海鮮丼300円…
自転車屋を聞くにもちょうどいいしと
まぁ小さめのが出て来ても仕方ないよなって感じで入店。


こ、これで300円ですか?
目を疑いました。
美味しかったです!

自転車屋を教えてもらい、行くも休み。もう一軒は今修理出来る人いないからと断られ…
三軒目にしてやってもらいました。

松山を観光したかったですが、予定も押してるんで急ぎます。


しまなみ海道へ
七つの島を飛んでく橋を渡ります。
車だと20分で着くそうです。

自転車だと走れるのは橋だけなので、橋が終わって島に入ると、島を走って次の橋へ行くので70kmあります。




瀬戸内海一望できます。


タイミングよく夕陽が綺麗に撮れました。


しまなみ造船所
ぼくのなつやすみの瀬戸内海のやつで出て来たような…


料金所
しまなみ海道は自転車だと全部で500円
まとめ買いで250円です。
多分払わない人がたくさんいるんでしょう。


今日はここで終り。
走行距離130km

道の駅 多々羅しまなみ公園は海と多々羅大橋が見えます。

そこでキャンピングカーの夫婦に声をかけてもらい、話をしました。

人より倍働いて
人より倍遊べ

これです。
若い人は働かなきゃだめですな。

名刺交換してまた会います!


夕飯は久々のこれ。
魚介系味噌ラーメン。


道中におねぇさんに貰ったパンとワッフル!
疲れた時の甘い物…最高。

明日は広島に乗り込みます。

第35話 自殺志願者が線路に飛び込むスピードで…(10/14 愛媛)

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで僕は生きていこうと思うんです。

by野狐禅

周りを気にしないでテント張って、朝陽で起きて、コーヒー飲んで出発する。
最高の朝です。

一昨日書き忘れましたが、10日に出会ったご夫婦に、再び会いました。
一度目より二度目会えるのって何倍も嬉しい事です。
また差し入れも頂いて、私たち大応援団だからねって言われて胸がキュッと熱くなりました。


ちょっと走って愛媛突入。
写真のタイトルは
「僕はこんなに腰が低いんです。」
帰ったら就活が始まりますから。


歩行者、自転車用トンネル。
交通弱者にとって本当ありがたい。

60キロくらい走って宇和島到着。

宇和島の道の駅が居様に混んでるし、
近くで祭やってる…
ここで今日が日曜日という事を知りました。
昨日が土曜日って事も同時に知りました。
あっ彼は牛鬼です。


じゃこの厚揚げ147円


みかんたくさん120円
みかんジュース80円


どぶろくまんじゅう3個200円

全部うまい。

何か今日はお財布のチャックがゆるいゆるい。
KURE5-56を差したみたいです。
いやそんな事はない。


山上がった瞬間のみかん最高です。
二個目は酸っぱくて( ;´Д`)こんな顔になって、冷静になって地図見たら
まだ上がり切ってない事を知りました。
人生そんなもんです。

坂にも慣れてきて、ダウンヒルが楽し過ぎです。

もう辛いとか言わないぞ。
あの時は負けたけど、僕は二度と負けません。

こんなん書いたら親に、危ないからやめなさいって言われますが
海抜300mから0mまで平均傾斜7%の坂を下るには約4.3キロの距離で、そこを5分半で下る。
時速にすると47キロ出てます。

はい、危ないです。
車がいない時に限りますが…


下りのご褒美の誘惑には勝てません。


そんなこんなで目的地周辺です。
音声案内をしゅ

同じ様な装備のチャリダーさんと遭遇!
愛媛旅したそうです。
名前を聞くの忘れました…

本当にちょっと一緒に走りましたが、旅チャリダーさんと一緒に走るの何かいいですなぁ。

そんで僕は大洲市街でノーパンにカッパ下とパーカー羽織って、布という布全てをコインでランドリーしてやりましたよ。

ランドリー中は地元のお母さんと話してました。

でも僕、足が臭い。

近くの350円の銭湯行って、
ロッカーで服脱いでても足が臭い。
嗚咽するくらい。

風呂出てからも臭い。

やっぱり風呂入口にあるマットっす。
あれ踏まない方がいいっす。
かなり汚いっす!


夕飯はスーパーで300円になってた弁当。
外で寂しく頂きました。
浮浪者の様で、周りの視線が冷たい。

今後のために、パスタ、パスタソース、塩、醤油、カフェオレGETしました。

今日の走行距離は106kmでした。

銭湯で測った体重は60.7キロでした。

第34話 龍馬、洗濯がしたいぜよ(10/13 高知)

ヒッチハイクで日本一周中の堀口ことホリンズが、僕の夢で大暴れ。
過去最悪の目覚めになりました。
内容は下品過ぎて言えません。

しかし朝は水川さんがコーヒー入れてくれて、うどん炊いてくれて。
僕は嬉しいわけで。

水川さんとは8時にお別れ。

今日はまず60キロ走って四国最北端の足摺岬へ行き、そこから80キロの道の駅に行く予定でした。
でした…


今日は平坦な道で走りやすく、15km/時
で進んでたんです。
たんです…

海沿いだし余裕だわーなんて思ってた僕の目の前には、海沿いなのに海抜100mのプチ峠。

海沿いも舐めたらあかん。


樹のトンネル
気持ちい道なんですがね。
アップダウンサイド。


やっとこさ足摺岬までもう少しのとこに、展望足湯!
気持ちいいったらありゃしない。
足が臭いったらありゃしない。

靴下にかかと程の大きさの穴。

到着して

ジョン万次郎先生。


彼女が彼氏に、
日本一周だって!すごいね!
って言ったら彼氏が、
別に。

エリカ様かよ。
嫉妬すんなよ。


別に特にこの岬はすごいってとこは無し。


写真は綺麗ですが、
僕は服を洗濯したいんです。


予定より20キロ手前の道の駅 すくもサニーサイドパークで今日は終了。

国道321だからサニー。
考えた人、天才か?


着くなりたこ焼き食べて


晩飯作って


びよびよの麺…
汁ほぼなし。

でも今汁なし担々麺流行ってますよね。





猫の集団と、コウロギに狙われるもセーフでしたよ。

おやすみなさい。

第33話 最強お遍路さん(10/12 高知)

朝は冷えますな。
皆さん風邪引かない様にして下さい。

病は気からと言いますが、病になる前に気を持っていなさい。
という事です。
多分。いや今考えました。

今日は気を引き締めて行きます。

昨日は車の移動スピードを思い出してしまいましたから。


出発してすぐに道の駅に寄って買いました。
基本的に夕方までは道の駅はバンバンよります。
夕方以降は時間が基本無いので…
どうでもいい話。

ゆずサイダーは喉に手を突っ込んで吐いてでももう一回飲みたい代物です。

あんま甘い物を摂ると走りに影響するみたいです。


綺麗な景色です。
しかし、僕は血みどろの汗まみれ。
Tシャツ、リュックは塩吹いてます。
パンツは3日替えてません。

これが生きてる感覚です。

約300mの七子峠に到達。
ご褒美を与えます。

まぁ何でも美味い。

今後1000m級の峠を越えなければいけ無いのに甘やかしてます。


これからは遍路について僕が思ったことを長々書きます。


まず今の遍路の種類。
真のお遍路:八十八ケ所をお経を全て覚えながら歩いて周る苦行遍路。悟りを開く方々です。

歩きお遍路:歩いて八十八ケ所を周るが、お経は覚えない修行感覚遍路。

スタンプラリー遍路:車バイクなど歩き以外でただ八十八ケ所を周る。寺は3分で立ち去ります。
遍路バスツアーもあります。

偽遍路:遍路になりきり、寝床や風呂の世話(遍路をしている人にはタダまたは格安で泊まれる場所があります。遍路さんにご飯を出してくれる人もいます。)をしてもらい生活する人。遍路を悪用しています。

真のお遍路さんの話は深く長く、書き切れませんが、僕なりにまとめると

悟りを開くには真のお遍路だ。
それぞれ目的を持ってやっているかも知れないが、元の遍路は苦行である。

僕は現在の遍路が変わりつつある事が良いか悪いかはわかりません。

経済的にそうせざる得ない、無宗教、テレビ。
影響はたくさんあります。

でもね、それぞれが目的もってやってんだったらそれでいいと思います。

真のお遍路はその思想、意思がある人
が受け継げばいいですし。

日本一周だって同じ様なものです。

迷彩ズボンを履いてる人に
軍隊の人が、軍隊発祥のズボンだから軍人以外は履くなって言っても脱ぎませんよ。
例えが下手すぎて。

んで、
道の駅 ビオスおおがたで出会った最強お遍路さんの水川さんは一年半でお遍路10周目。
妊娠じゃないですよ。お遍路です。

色々を経て植木屋として39人をまとめ上げ、それはそれはすごい人です。
仕事を終えて、東日本大震災に携わるために、まず痛みや辛さを知って、体を鍛えてから、という事で横浜から自転車で四国に来てお遍路をしています。

自転車は昔の頑丈な牛乳配達用で、
荷物は100kg。

出会った人との輪をもって
東日本大震災の復興で、今一番必要な「癒し」を提供したいと。

お酒とうどん、きびなごを頂きながらお話を聞きました。


また載せますが、まさにこれです。
根本ではないですが、少なからずは影響しました。



水川さんのいたずら書き。

加えつつ
藤花が咲く
奏でしか
多くを思い
これからの人


ありがたい出会いでした。
御守りとして結構貴重な物を頂きました。


毎日ありがとう太陽。
全ては太陽のお陰。

お陰様は
陰ができるのは太陽があるからですよ
っていう最上級の感謝です。
多分。いや今考えました。

第32話 初めてのパンク(10/11 高知)

夜は雨でした。
朝も少し雨。
テントを畳むのに一苦労。

自転車を濡れない場所に移動してると、前輪がぺちゃんこ。

_| ̄|○

修理します。

昨日出会ったおっちゃんも心配してかけつけ、キャンピングカーのおっちゃんも加わり直しました。

右往左往ですよ。

でもこのパンクが後に奇跡を起こします。

今日はそんなに走らないから、日和佐で有名なウミガメの産卵地の大浜海岸へ。

ここは日本の渚百選です。


かけたい。
竜宮城に行きたい。
玉手箱をイケメン俳優に開けさせたい。

とりあえず浜を見て、亀がいじめられてないか確認。
人がいない。
そもそもウミガメは夏に来るようです。


可愛いです。
小さい子亀は博物館の中にいて見れませんでした。


そしたら何の前触れもなくいきなり、地元のおっちゃんに話しかけられました。

まぁいつもの会話は省略します。
榮さんは浮世絵の美術館をやってて、俺を気に入ってくれて超特別にタダで見せてくれました。


初めて浮世絵を見ました。
透明感と立体感、ぼかし、繊細な部分。
かなりの絵です。
絹に描くからそうなるそうです。


湯気がもうっ。
メガネかけてたら曇ります。


宣伝してもらって、壮大な計画にて浮世絵を日和佐から発振したいそうです。
浮世絵奥深いですよ。


出発。


今日も向い風。
足も疲労か重い。
馬鹿野郎っ!
始まって間もねぇのにへこたれんな!
喝を入れても重い。

後輪がパンクしてました。
修理です。

備えあればなんちゃらです。

あれ…
ゴムのりがない。

はい。道の駅に忘れました。
山の中。
街は周りになし。
とりあえずゴムにも粘着があるのでつける。不安です。



そこに一台のトラックが止まり、
奇跡が始まります。

運ちゃんが降りて来て、
運「パンクか?今日は積荷もないし、ゆっくり帰るから乗っけてこうか?」

迷います。普通は。
自転車で行きたいと普通は思います。

僕は違います。
ここで断れば、運ちゃんとのコミュニケーションがここで終わります。
だから乗せて貰います。
これが旅の醍醐味です。

ズルじゃねぇかってあなた、
ヒッチハイクはズルですか?

もう運ちゃんなんて馴れ馴れしく呼べません。

いつもなら止まらないで、パンクしてんなーくらいだったみたいですが、
朝たまたま道の駅でパンクを直してるのを見かけてくれて、
さすがに二回目だしと乗せてくれたわけです。


植田さんに桂浜手前まで乗せてもらいました。
約130キロくらい。憶測ですが…


車中は人生論からトラック業界の話、アダルトな話まで。
今後の道も一緒に考えてくれて、
昼ご飯もご馳走になりました。

まだ四国で食べてなかったうどん!
日替わり定食だったので、親子丼付き!
隠してましたが、死ぬほど美味かったです!

何でしょうこの優しさ。

こういう優しさを受けた人は、
同じ様に優しくできる。

で、決めたんです。
道中は全ての優しさを受ける。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

送ってもらった道の駅近くでゴムのり買って、修理してたらおばちゃんがおにぎりと卵焼き頂きました。

土佐の緑茶美味しい。


いざ、桂浜へ!
黒船襲来!
高知来たらここやき。
他にどこを見いうがじゃ。

第31話 神よ…(10/10 徳島)


「観光客に親切に」
鬼が言わないで下さい。

はい四国2日目。
まず朝は津田の松原SAに忍び込みます。(公式に入れます)

SAっなんか雰囲気で興奮します。

ご当地ストラップGET。


今日はなかなか面白くない写真ばっかしなのです。


徳島入りです。
見にくいです。

ただ山が多い。
アップダウンが辛い。


うずしおロマンティック海道なんて言われたら通るしかないでしょう。

結果写真撮らず。
うずしおをイメージしたであろうオブジェがたくさんありましたが、どれもねじれてるだけ。

久々に県庁を見ましたが特に感想なし。

そして峠へ…

見るからに怪しい廃棄。
山地は色々事情があるんですな。

峠中にパン貰いました。


峠はこんな感じ。
まだ可愛いもんです。

ただね、ずっと向い風なんです。
チャリに替えてからもれなく向い風。

さらには、この休憩所ではスズメバチが僕の股辺りに飛んで来て、慌ててお茶を吹いて、iPhoneにかかる。


そして雨が降り出す。

猫のネコちゃん。
凄く可愛いです。
でも懐いて日本一周についてこられると面倒なんで、冷くしました。


神様はその人が乗り越えられる試練しか与えない。って言いますが、
だとしたら神様、僕を過剰評価しすぎです。
明日からは頼みますよ。

道の駅 日和佐に着いて、寝床探ししてたら旅してる山岡(間違えてたらすいません)夫婦が話しかけてくれて、差し入れとお寿司をくれました。


僕にとってかなりのご馳走です。
ありがとうございましたm(_ _)m

昔自転車で日本一周したおっちゃんとも話して、昔の日本一周の話を聞かせていただきました。
落ち着いたらブログをリンクします。


足湯があったので浸かります。
ありがたい足湯でした。
お遍路さんの憩いの場でしょう。

おしまい

第30話 船で四国に行きました(10/9 香川)

今日は船で四国に行きました。
楽しかったです。
船は1時間くらいでしたが、酔ってしまって、大変でした。
明日は徳島に行きます。

終り





朝5時起床。
ぐっすり眠れました。
旅人がいるかいないかでは、雲泥の差で安心感が違います。

藤原さんとはお別れ。


この辺は名所はありません。
知らないだけかもしれません。
でも自然豊。

岡山県に入ってからも特には自然が凄いくらいでした。
でかい入江がなかなか見れない風景をつくるんです。


人工物が無ければジュラシックパークです。
ティラノサウルスが食べた携帯の着信音ががんがん頭でまわってます。


路面電車です。


フェリーに乗るために玉野市にやってきました。
特にありません。
宇野線の模型なんか撮ってしまいます。

宇野から高松へ




瀬戸内海の手つかずの島たち。
こいつらをぴょんぴょんして電線がありました。


はい、ドン。
四国上陸。
香川スタート。


高松城跡。
あー高松や。あー高松や。

こっから20キロ走って、初のナイトラン。

外灯ない山道
目的地着いて感動
スーパーで買いもん
今日もお疲れ様でしたYO

第29話 声援は追い風に(10/8 兵庫)

(西田「キムチ、半分までは食べてけよ。今こんくらいだから。」
僕「えっ…もうほとんど残ってないじゃんか。」)


あっ。きむちわりぃ。
6時起床。
変な夢を見てたようです。
キムチだけにね。

西田くんには散々お世話になりました。
大阪をたちます。

大阪国際空港で、ビリケンストラップを買いました。
空港は観光客がたくさんいて、切なくなります。

今日もどうせ旅人に会わず、寂しい夜を過ごすと思うと足が重くなります。


飛行機はいつ見てもすこぶるかっけ。


今日はたくさん寄り道が出来る楽しい道。
これで寝床に旅人がいればなお楽しいのに。

18.44m
エアー野球。
多分110キロ出ました。
(遅い。でも大阪のバッティングセンターで150キロ簡単に打ちましたよ。本当に。)
この速度でチャリを投げて欲しいですわ。


あの有名な汚ったない草はなくなったんですね。


ポートタワー
推定100mでした。


船長、前方に敵が。


海賊船など海に沈めぃ!

(茶番ネタ切れ。着地できず。船だけにね。)


インドフェス。


明石海峡大橋
日本の橋は素晴らしい。
渡ったら四国。
渡りたい。
でも渡れない。
不器用ですから。


ここが日本の時間の基準だ。
この時僕は日本一標準時に近い人間となった。
4次元の世界に入った気分である。



世界文化遺産、姫路城…
平成27年3月いっぱいまで保存修理工事だそうです。

逆にレアだから観光客は結構いました。
鹿島建設が施工してます。


ネコが姫路城祈願塔の水をペロペロしてます。
うまい。うますぎる。


あと少しで目的地、道の駅 あいおい白龍城のとこで感動。
水に映る真っ赤な夕焼けが、今日の疲れを吹っ飛ばします。


さぁ今日はどこをキャンプ地とするか。
ウロウロしてたらテント張ろうとしてる人を発見。

んー。テントを張ってわ畳んでが趣味の人かもしれません。

孤独が続くとネガティブになるんです。

自転車で日本縦断中の藤原さんでした。

お互い旅人が久々なもんで興奮。
とりあえずビール買って旅トーク。
旅人してる一般人というくくり。
言わなくてもわかる。


ネットカフェあるあるや、理想の展開あるある、これは危ないあるある、下ネタもあるある。
親族各位の皆さん、僕は立派な大人に成長しています。


柳の下なんで、朝起きたら消えてるみたいな事がなくてよかった。



楽しい夜を過ごしました。
とりあえずお別れ。

また会うかもしれませんな!

道中会えなくても、また会いましょう!

朝釣りをしましたが、5投目くらいで根がかりして釣りを終えたのは内緒ではありません。
釣りやめろよなんて言わせません。

第28話 だんじり祭やでー(10/6 大阪)

(今回は終始真面目な日記です)


街全体がだんじり祭の雰囲気。
朝6時から始まっています。


和泉市の信太っていうとこの太町のだんじり
だんじりってのは山車の事。


昨日会った齊藤さんの参加してるとこです!


祭の人らが沢山いて、かなり恥ずかしい感じでしたわ。
てか大阪の勢いに完全に押されてました。

よく大阪の人は、東京の人が素っ気ないって言いますが、多分大阪の人の勢いに圧倒されるんだと思いますσ(^_^;)


このだんじり祭ってのは、和泉の南、岸和田のだんじり祭の方が豪華だそうです。
岸和田城があるからかな。

大阪では広い地域で行われるんで、かなり有名です。


んで、13時くらいからパレード。
パレードって言ってもディズニーみたいなやつではないですよ。

だんじりを引っ張る人が6.70人くらいいて、かじ取りが30人くらいですかな。
疾走するんですね。

しかも何故か曲がりを疾走するんです。
危ないです。
YouTubeでだんじり祭 事故とかで調べれば出ます。
DVDも出てるみたいです!


見やすい場所教えて貰って待機。

そこは信太をまとめる信太連合の待機所があって、そこのおっちゃんが僕に気付いて、弁当余ってるから食べれって事で待機所で頂きました。


帰り際には記念タオルと、祭の人が皆付けてたお守り頂きました。

うちわは太町のだんじりに乗ってた人がくれました。

こういうの、たまらなく嬉しいです。
買えば手に入る物に、思いは入ってませんから。

んでパレードが始まり、






いや、動画を載せたい。

そのうち載せましょう。


信太連合の方々。
控えめに撮りました…
いや、これが信太の生きた姿。

てな感じで、14時過ぎまで見て太町の人に顔見せて帰りました。
朝からだんじり曳いてるから皆疲れてるみたいでm(_ _)m

すごく良くしてもらいました。
大阪が1番思い出に残りました!暫定で

来年またきます!多分…
就活が普通に終れば。笑


帰りにはこんな人を発見!

宮崎先輩!
これはヒッチハイクしてます。
社会人で3日間の休みで西へ行くと言ってました。
学生時代はバイクで日本一周した人です。


今日は本当に濃い1日でした。

帰りは道に迷って、暗くなり
雨は降り、サイドバックが走行中に外れてあわやでしたがね。

んで翌日(10/7)
実家に送るもん送って、
晴れて今日(10/8)から四国へ向け西に進むのです。
時系列おかしいですが、勘弁して下さい_| ̄|○

本当大阪は楽しみました。
元気貰いました。
色んな人のおかげです。

ありがとう大阪
つって、帰りにまた通るかも。

出会いは奇跡。
たまたまその場所をその時間に通ったから、寄ったから会えた。
そんな出会いに感謝して、また新たな出会いに遭遇するわけです。
(くっさい事を長々とすいません。)

就活のための資格とるくらいなら、
日本一周とか、海外経験とかした方がいいな。
知らんけど。


今日からまた何故か仕切り直して頑張りましょう
そーりゃ!そーりゃ!
(だんじり祭の掛け声。だんじりに限ったもんじゃないと思いますが。)

第27話 やはり日本人は美しい(10/5 大阪)

(今更第~話から、何日目にするのも微妙だなぁ。
数えてみたら、実質動いた日数は21日間だなんて言えないよ。
青二才の中でもかなりの青二才。
8月14日に出て、今日で53日経ったはずなのに。
内32日は滞在したり、帰京してるわけです。トホへ)


うわっ!
今朝は起きたというか、寝れたのか寝てないのか分からない感覚で、5時の目覚ましがなりました。

近くのマックで茶を濁し、
法隆寺オープンまで待ちます。

8時、客はほとんどいない中オープン。

しかし僕はじっと外から見て、どうにか入場せずに法隆寺を感じる方法を模索。
なんせ拝観料が1000円…


「奈良まで来たんだから、そんくらい出しなよ。」

悟りは開かれた。


修学旅行で行ったのはこっちでした。
手前の金堂をぐるっと回って、他クラスの友達とすれ違ってにやにやしてましたな。
他校の女子が全員可愛く見えるのは、修学旅行あるある。
でも全員は言い過ぎ。

未だに中学の修学旅行のインスタントカメラの現像してません。
これも修学旅行あるある。


なんで法隆寺をピンで撮らなかったのか。馬鹿でしょう。

本当はもっともっと見たんですが、
如何せん内部は撮影禁止なんです。

観音像が沢山展示してあるとこは、ガラスケースに24.8℃、湿度60%に設定されてました。

僕的に上から目線で、さすがは世界文化遺産と言ったところです。

下から目線だと、ちょー感動!です。

ご当地ストラップに購入したのはせんとくんです。
世界文化遺産の凄みは、せんとくんのせいで、薄れました。

ただただ、聖徳太子はかなりのブ男です。
今の時代だからそう思ってしまうのかもしれませんが。


聖徳太子と家来。
家来が目立ち過ぎ。
描いた人は聖徳太子が嫌いだったんじゃないかって思います。


初、チャリと風景。
もう二度とこのチャリで奈良は来ないと思うと…って言っても何も思いません。

奈良を抜け、大阪へ。
大阪の道の駅は行ってないので、しらとりの郷・羽曳野へ。

その道中、信号待ちの車からおばちゃんが体調が1番大事だからと1000円くれました(>_<)
道の駅でもおばちゃんが頑張ってと1000円くれました(T_T)

さらにさらに

日本一周ボードを見て、コンビニで待ってくれていました。
ガツンとみかん、三ツ矢サイダーを奢ってもらいました。
ありがたい事に、道中色々貰います。
しかし、話すのは短く名刺を渡すタイミングがなかなか無いんですが、渡せました。
そして名刺を貰いました。

だんじり祭に参加するとの事で、かなりでかい祭だから見に来たらという事でした!

名所っていつでも見れますが、
祭はタイミングが合わないと見れません。

明日は予定を変更して、和泉でだんじりを見に行きます。

あっ後、おっちゃんにみかん二つ貰いました。
おもむろにカゴに入れておいたら、
一個になってました。
すいません。



だんじり祭に行くのだから、だんじり湯に行くのは基本です。
というか3日風呂入ってないのは基本です。


風呂場に入る時に、うっ。ってなるくらい臭く、ここの風呂臭いんかと思ったら、自分の頭から臭いました。
でも本当は、風呂の入口にあるマットが臭かった。と言っておきましょう。

第26話 第~話ってダサいな(10/4 奈良)

(第~話って…
今更だけど、気持ち悪い。
ムズムズする。
番外編ってそんな番外じゃないし。

だからFacebookで不適切な表現もしくはスパムとして報告されてシェアできなくなったんか。うわっ痛いな。)

はっ!
朝4時半、雨が降る音で目指さめる。
萎える。
テントが濡れるってすごく嫌な事なんですよ。

予報を見ると近畿地方は奈良と、和歌山の北東が雨。
今日の行程ピンポイント雨。
雨の洗礼を受けます。

雨が弱まり、スタート!
しかしすぐ強まりコンビニに避難。



頑張りやーと、いきが良いおっちゃんに頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m

1時間待機して、
僕もだてに旅してません。
天気に気を使い、雨予報じゃなくても雨が降る空を知っています。
雨予報でも雨が降らない空も知っています。

空を見て再スタート!

はい、雨は本当にやみました。
むしろ晴れ間も出ました。
僕は天気判断の天才でした。



奈良突入
この後ちょっとした山越えがありましたが、なんのそのでした。

坂登ってたら路肩に止まった車からおばちゃんが出てきて、これで飲み物買ってと1000円くれました。
ありがとうございます_| ̄|○
まだチャリダーになって2日目なのに…

声援も明らかに多い。

原付とチャリの辛さの違いが分かったからこそ、2日目じゃ大した事ないって思います。

明日からどこからって聞かれたら大阪って言います。

選挙カーにも応援されました。
気を付けて頑張れー!と言われたので
お前も足元に気を付けて頑張れよ!
と、返しました。
冗談です。

社会人2年目の人に絶対良い経験になると言って貰いました。
最近なんで日本一周やってんだろうなと思う事もあり、背中を押して貰いました。

今すぐに経験が活きる事なんかありませんから、長い目で見て行こうと思います。

真面目だなぁ。

今日のフォト

當麻寺は奈良の寺院ランキングで
第3位なんです。
修学旅行で行ったような行ってないような風景でした。


これなんか見たことあるような、
ないような。


五重塔が二本ありました。
もう一本は、「サプライズ」です。


日本最古!
日本何ちゃらってのに弱いです。


今日は法隆寺に程近い道の駅、大和路へぐりで寝ます。

明日は法隆寺に行って、大阪に一旦帰宅します。


広いベットです。
周りの視線さえカットできれば、
自宅と同じです。

おやすみなさい

第25話 バカは99文の得(10/3 和歌山)

ついにチャリで日本一周を再開したわけです。



希望に満ち溢れ、テンションで4時間こぎ続けた結果60キロ進み、大した事ねぇなって感じで、休憩は妥協だから4時間に一回みたいに軍曹魂が僕を走らせました。

さすがに疲れが見え始めた頃、長い坂を登りまして、心の軍曹が僕にスピードを落とすなと言うわけです。

登りきったら下りがもちろんあるんです。

「ギアサード。」親指を噛みながら、ワンピースのピの字も知らないのに調子に乗って下りを全力でこぎました。

しかし下り切ってすぐの信号が赤に変わりました。

信号機を悪魔だなんて思ったのは初めてです。
街だから仕方ないんですが。

この辺で思いました。
(こんなとこで思ってんのかよ…)
チャリで日本一周した人って、相当なアホだなと。

完全にやる気を失いました。
もう東京に帰ろう。
ダサいけど、ダサいなりに面白い。
すき家の飯が、喉を通らなくなり
脂汗がどっとでました。


今日は少し峠を越えたけど
もう絶望の坂なわけですよ。
えっちょ、まっ…って坂がね。


でも僕って単純でね、
峠登って、信号のない下りを思いっきり飛ばせるだけで、苦労が報われる。


100苦労したって
1の喜びが最後にあれば
100=1っていう不可思議な現象が起こってしまうんですな。

今日は高校生に珍しがられて、写真撮ったから100<2です。
か、勘違いしないでよね。
べ、別にあんたのために撮ったわけじゃないんだから。ってね


今日の写真

岸和田城
感想、岸和田少年愚連隊に何か関係してんのかなぁ?


いつの間にか和歌山
この時僕は心身ともに死んでました。
でも炭酸で回復する馬鹿な男です。



見えますか?
パラシュート。
パラグライダーなんかな。
これ見ただけで頑張ろうってなってます。

今日のベストオブ写真

今日泊まる道の駅紀の川 万葉の里で見つけた、
カキのかきおうじ。
明日から頑張ろうってなります。

今日の走行距離は100kmくらいです。


あ、万葉の里ってのは紀の川と山の眺めが良くて、和歌山県夕日百選の場所です。
全国で4700箇所あるって事です。

以上、解散











おい、解散って言われたのにまだ残ってるのかぁ。
早く帰りなさい。

カブからチャリへ

Cub(カブ):猛獣の子
世界のバイクで1番評価されているスーパーカブは、小さいながら発揮する力をアピールするために付けた名前です。


Colt(コルツ):子馬
僕のチャリの名です。
粘り強く踏ん張る。


テントと寝袋の防水が課題。
あとは長距離走るときに、サイドバック等の荷物が落ちないか。


なんかアドバイスあったらお願いします。
まさか本当にチャリになるとは。

その辺を荷物ありでこいでみました。
何分もしないで息が上がる。

あれ?体力無いにも程があるよ。
体力には自信があったのに。

明日出発します。
徐々に距離を伸ばせればいいかなと。


自転車の紹介もこの辺にして、
大阪観光の話。
大阪着いてから梅田は3回行きました。

今回はなんばに行った時の話です。
親戚に連れて行って貰いました。


なんばの方がザ・大阪

たくさん観光客いましたな。


カニ道楽の人が高校時代に講演しに来たのを思い出しました。
社会に出たらメモをしなさい、と言われたのを覚えています。


串カツです。
めちゃくちゃ美味かったです。


たこ焼きです。
外はパリ、中はトロ。
火傷は避けられません。


くいだおれの街を象徴する彼は、
二代目の次郎だそうです。

通天閣にも行きました。
残念ながら上には上がれませんでしたが、


結局12日間大阪に滞在したわけですが、観光としては濃いものになりました。

かなりミーハーな感じになりました。
こっからは未知の旅です。

見かけたら声かけて下さい!

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。