プロフィール

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

Sota@SPカブ&チャリ

Author:Sota@SPカブ&チャリ
東京電機大学理工学部建築・都市環境学系3年
東京出身、野球歴11年、書道準5段
趣味バイク・アウトドア
8月から気ままにスーパーカブで日本一周
きっかけは留年…
マイナスをプラスへ!
遊ぶだけ遊んだ大学の夏…
今年はなんかやろうと思った結果がこれです!
目的はないですが、その場所に目的はあります。
適当に日本を巡ります。
8月14日出発
8月30日一時中断9月15日再開
9月27日カブ君故障のため廃車
    自転車に乗換

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27話 やはり日本人は美しい(10/5 大阪)

(今更第~話から、何日目にするのも微妙だなぁ。
数えてみたら、実質動いた日数は21日間だなんて言えないよ。
青二才の中でもかなりの青二才。
8月14日に出て、今日で53日経ったはずなのに。
内32日は滞在したり、帰京してるわけです。トホへ)


うわっ!
今朝は起きたというか、寝れたのか寝てないのか分からない感覚で、5時の目覚ましがなりました。

近くのマックで茶を濁し、
法隆寺オープンまで待ちます。

8時、客はほとんどいない中オープン。

しかし僕はじっと外から見て、どうにか入場せずに法隆寺を感じる方法を模索。
なんせ拝観料が1000円…


「奈良まで来たんだから、そんくらい出しなよ。」

悟りは開かれた。


修学旅行で行ったのはこっちでした。
手前の金堂をぐるっと回って、他クラスの友達とすれ違ってにやにやしてましたな。
他校の女子が全員可愛く見えるのは、修学旅行あるある。
でも全員は言い過ぎ。

未だに中学の修学旅行のインスタントカメラの現像してません。
これも修学旅行あるある。


なんで法隆寺をピンで撮らなかったのか。馬鹿でしょう。

本当はもっともっと見たんですが、
如何せん内部は撮影禁止なんです。

観音像が沢山展示してあるとこは、ガラスケースに24.8℃、湿度60%に設定されてました。

僕的に上から目線で、さすがは世界文化遺産と言ったところです。

下から目線だと、ちょー感動!です。

ご当地ストラップに購入したのはせんとくんです。
世界文化遺産の凄みは、せんとくんのせいで、薄れました。

ただただ、聖徳太子はかなりのブ男です。
今の時代だからそう思ってしまうのかもしれませんが。


聖徳太子と家来。
家来が目立ち過ぎ。
描いた人は聖徳太子が嫌いだったんじゃないかって思います。


初、チャリと風景。
もう二度とこのチャリで奈良は来ないと思うと…って言っても何も思いません。

奈良を抜け、大阪へ。
大阪の道の駅は行ってないので、しらとりの郷・羽曳野へ。

その道中、信号待ちの車からおばちゃんが体調が1番大事だからと1000円くれました(>_<)
道の駅でもおばちゃんが頑張ってと1000円くれました(T_T)

さらにさらに

日本一周ボードを見て、コンビニで待ってくれていました。
ガツンとみかん、三ツ矢サイダーを奢ってもらいました。
ありがたい事に、道中色々貰います。
しかし、話すのは短く名刺を渡すタイミングがなかなか無いんですが、渡せました。
そして名刺を貰いました。

だんじり祭に参加するとの事で、かなりでかい祭だから見に来たらという事でした!

名所っていつでも見れますが、
祭はタイミングが合わないと見れません。

明日は予定を変更して、和泉でだんじりを見に行きます。

あっ後、おっちゃんにみかん二つ貰いました。
おもむろにカゴに入れておいたら、
一個になってました。
すいません。



だんじり祭に行くのだから、だんじり湯に行くのは基本です。
というか3日風呂入ってないのは基本です。


風呂場に入る時に、うっ。ってなるくらい臭く、ここの風呂臭いんかと思ったら、自分の頭から臭いました。
でも本当は、風呂の入口にあるマットが臭かった。と言っておきましょう。
スポンサーサイト

<< 第28話 だんじり祭やでー(10/6 大阪) | ホーム | 第26話 第~話ってダサいな(10/4 奈良) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。